Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お金

貯金することについて語るときに僕の語ること

「チョキン」

隣のあの人はいくらくらい貯金があるんだろう?

職場の同期のあの人、気になるあの人、の貯金している金額。

お酒の場で聞いてみようかな? なんて、一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

さて、この記事は3909字で、長文となりますが、貯金に関してに悩んでいる方にとっては、もしかしたら深いところから解決できる(余計な悩みが減る)、我ながら “いいコンテンツ” に仕上がったのではないかと思います。

クアラルンプールのお洒落なカフェにて。フラットホワイトを相棒に、90分の時間をかけて、僕なりの知恵と、これまでの経験を元にした考察を丁寧に書き上げました。

もしよければ、コーヒーでも片手に、ゆったりと読んでいただけるとうれしいです^^

「チョキン」について

ホリエモンや、ZOZOTOWN前澤社長をはじめ、サッカーの本田圭佑も、

「貯金はしない。死に金だから、稼いだ分は全部使おう!」と言っているシーンや書籍を最近はよく見かけます。

著名人の発言にはいろいろと背景があると思いますが、言っていることは分からなくはないけれど、

稼いだ額をすぐに全部使う勇気はなかなか出ないよね^^; と僕は思います。

 

ところで、フリーランスになると、独特の不安があって、固定給はない代わりに、青天井に稼げる可能性に頼りたくなります。

すると、、空いている時間にはできるだけ仕事をいれてしまう。

無理してでも休まずがんばって、空いた時間は仕事をなんとかいれて

いま少しでも稼げば、未来がきっと楽になると信じて……

そうすると、どうなるか。

レオナルド
レオナルド
よし!やっと10万円の貯金ができた。10万円できるということは30万円もいける。もっとがんばるぞ!

レオナルド
レオナルド
30万円貯金ができた。ちょっと余裕ができたから、そろそろランチも380円の牛丼じゃなくて、1000円のパスタランチにしちゃおうかな。 

レオナルド
レオナルド
あれ?今月の引き落とし、思った以上にいい額になっているぞ。まずい、せっかく貯めた貯金を切り崩さないといけなくなる!

レオナルド
レオナルド
こんな不安は嫌だ、もっとがんばって稼いで、50万…いや、100万円貯めるぞ!!

レオナルド
レオナルド
ふぅ~。なんとか先月も今月も、休みをとらずに100万円貯まった。そういえばがんばったご褒美にこの前買った最新のゴルフセット届くの楽しみだな!それなりの金額はしたけれど、息抜きも必要だよな!大きな契約もとれたから貯金は切り崩さなくてすむはずだ^^

レオナルド
レオナルド
うわっ。保険、年金、住民税が一気にきたっ!まじか。

レオナルド
レオナルド
ってかやばい、そういえば今月末、海外に行く約束だったんだ。航空券はとってたけれど、宿はまだだった。思った以上の出費がでるぞ。

レオナルド
レオナルド
まずい、せっかくがんばって貯めた愛しの100万円貯金を切り崩すのは嫌だ嫌だ嫌だ。

レオナルド
レオナルド
これは旅から帰ってきたらまた仕事詰めまくってがんばって働かなきゃ!

レオナルド
レオナルド
200万円だ!! 200万貯金するぞ。いや、200万じゃまだなにかあったときに足りないかも。怖い怖い怖い。がんばって300万円貯金だ!!

レオナルド
レオナルド
愛しの300万円~~!!!!

ってな具合で、貯金はいつしか、安心の手段から不安を増大させる麻薬へと変わっていきます。

 

通帳に【1,000,000】の桁数を記載することが目的になってしまうと、桁が減ることのがなぜか恐怖に変わる。

どうしてこうなってしまうのだろう?

やっぱり、稼いだ分は全部使っちゃうのが正解なのでしょうか?

僕の考えとしては、こうなってしまう理由は、

【お金に依存をしているから】

です。当たり前ですよね(汗)

 

もう少し細かく考えていきます。

貯金する理由は人それぞれですが、ひとつはっきりしているのは、

「お金がなくなったら怖いから」です。

 

では、もしですよ。「一生、お金がもらえます」ってなったら、どうでしょうか?

あなたは、貯金をするでしょうか?

 

つまり、本当にほしいのは、「お金」ではなくて、「あんしん」なのではないでしょうか。

あんしん・・・つまり「不安を感じない状態」がほしいのです。

であれば、「不安を感じない状態」が実現すれば、悩まされている『貯金しなきゃ欲求』という強迫観念は、なくなるのではないでしょうか。

 

ということは、こうとも言えます。

「貯金が招く、よくわからない不安を感じない状態にすればいい」

え?そんなことできるの?

んーーー、きっとできるっ!!

そのための僕の考える方法はですね……

まず、前提ですが、貯金が招くよくわからない不安から解放されるために、貯金はあった方がいいです。

あれ?矛盾していますね! ここからが本題なので、もうちょっと我慢して読んでください(笑)

残り1789字です

 

では、いくら貯金があればいいのか?

まず、自分の毎月の支出(交際費も含めて)を正確に割り出します。そして、そこに少しだけ色を加える。

仮に支出が20万円だったら、25万円くらいかな(ちょっと余裕って大事^^

 

その23ヶ月分の金額を貯金すればもうOK

この例で言うとだいたい、50~75万くらいですかね。この金額は全く別の口座に移します。

口座に入金したら、自分の中にある「できるだけ貯金しよう」という考えを、明細書のゴミ入れの中にねじ込んで捨ててやります。

そして、その月に支出額以上(例だと20万円)を稼ぐことができて、余剰金ができたら、ホリエモンよろしく使っちゃいましょう!

僕が考える、余剰金の使い方のおすすめ案は、アジアへの旅か、ゴルフ(笑)(お誘いお待ちしております)

じゃあ、この別の口座に移した50~75万はいつ使うのかというと、

それは、自分が “没頭” できると気づいた仕事に出会えたときです。

没頭できるものに出会うと、人間は不安から解放されます。

それに没頭して夢中になれたら、余計なことを考えなくなるから。

そう、「お金や貯金のことに、不安を感じているヒマが無くなる状態」になれるのです。

没頭とは、ある種の最強状態であり、幸福を司るひとつの要素です。

 

仕事に没頭していたら、

それを働くとは考えなくなる。

 

もっと知りたいと思う子供のような好奇心は、

それを勉強とは考えなくなる。

 

話が大きくなりますが、日本に住んでいれば、貯金がなくても死にません。ご飯を食べられなくなることもありません。

 

きっと、貯金がなくなることより、没頭できるものを奪われた方が、人は死にます。

没頭できるコトに出会えて、それが結果的に収益を生み出す仕事になれば、

人はきっと、「お金」に興味がなくなります。

 

それよりも、

例えば、この素晴らしいものを一人でも多くの人に知ってほしい、とか

例えば、みんなで参加者が喜ぶイベントを成功させたい、とか

例えば、どうすれば読者に最後まで読んでもらえる文章を書けるか、とか

思考のフォーカスが、そのことに向かい、お金への不安の隙間を与えない。

 

ホリエモンも前澤社長も本田選手もきっと、その領域なのでしょう。

 

没頭できる仕事を見つけたら、そこから稼ぎを生み出せるようになる2~3ヶ月は、没頭に時間を費やす分、貯めたお金を足しにすれば無理がないと思います。

 

また、いま「貯金が全くない人」は【貯金をすることにまずは “没頭”する】もよしです! むしろすごくオススメです。

 

そして (ここ大事!) 貯金を最初に決めた予定額以上に増やすことをしないように、余剰金はちゃんと使おう!(ここは勇気がいるけれど大事!)

 

実は、お金を正しく使うことはトレーニングなのです。いわゆる生き金として使うことは決して簡単ではない。

消費ではなく、金融投資でもありません(安易に思える金融商材はただのギャンブルなので、得るものはありません。運良く儲かってしまうと、それは依存への第一歩です)

まずは自己投資・人的投資に一極集中することが肝です。

 

自己投資・人的投資は、経験と知恵を得ることにつながります。そして、自分に見合った人脈を引き寄せてくれます。

人脈があると、選択肢が増える。困ったときに助けてくれる人がいる。

豊富な選択肢と、助けてくれる人がいれば、人生の不安はより減っていく。という正のスパイラルが少しずつでも起こってきます。

 

お金の呪縛から逃れることができ、健全に依存先を選択できる状態になれるのです^^

 

 

結論:

◎貯金は、毎月の固定費を計算して、その2~3ヶ月分を指定口座にいれておけばOK

◎余ったお金は指定口座に追加で貯めてはいけない。自分に投資する、没頭できる仕事を見つける旅への資金にしよう!  同じ志をもった仲間も見つかるよ。

◎没頭できる仕事が見つかれば不安から解放される。指定口座の貯金で生活しながら(もしくは事業投資金として利用)、2~3ヶ月で収益を確立していこう!

ということで、貯金をいくらすればいいのか。 で、悩むことはなくなりました^^

*******

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

「日常の小さな気づきから、有益な情報まで。発信する在り方で、読む人も自分自身もアップデートしていくライフスタイルを^^





COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です