Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お金

ビットコイン₿について、あらためて説明

最近1〜2年はゴルフキャラでしたが、これからビットコイン₿キャラにもなっていこうと思います。

ここ数ヶ月間で、ビットコイン₿は物凄いスピードで時価総額があがっています。

知れば知るほど、ゴルフと同じくらいとても奥深くてもおもしろい。

ビットコインは、世界の経済を変えていくと考えています。

悪知恵が働く人が権力を得ていく荒れた学校を正しく整える、風紀委員みたいな存在かもしれません。

【ビットコイン₿について、あらためて説明】

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物が、その仕組みをインターネットに公開しました。

このサトシ・ナカモトという人が、誰なのか? そもそもひとりなのか、組織なのか? 日本人なのか? それは誰にもわかっていません。

この発明をおもしろい! と感じたエンジニアが仕組みを設計します。

仕組みの表面をざっくりと説明すると、

ビットコインは上限があって、2100万BTC枚とあらかじめ設定されています。

そして、毎日時間と共に、「マイニング」(金を採掘する例え)という今ではたくさんのコンピュータの採掘を経て発行されていきます。

2100万BTCの全部が発行されるのは、2140年と設定されているのですが、

発行数が4年経つと半減していく設計になっています。

なので、最初はたくさん発行されて、時間とともに減っていきます。

まだ始まって10数年ですが、現在は2100万枚のうち、1800万枚以上の90%近くがすでに発行済になっています。

ビットコインは、取引所というところで口座を開設することで、購入(厳密にいうと紙幣と交換)することができます。

有名どころは、
Coincheck
bitFlyer
DMM Bitcoin
GMOコイン
などですが、Coincheckか、bitFlyerで十分にいいと思います。

Coincheckはユーザーインターフェイス(見た目)が美しい。
bitFlyerは、自動で積み立てをしてくれる機能(かんたん積立)がとても便利です。

ビットコインは、世界の経済を変えていくと思います。

そう思うのは、価格が上がるからとかではなく、設計者の善い「考え」があるから。

まだまだ、理解されていないことの方が多いと思いますが、

ビットコインを本当に支持している人は、儲かるからではない、その考え方を評価しています。

なので、安く買って、高くなったら売る。という発想ではなく、

今は価格を気にせず、コツコツ買い増しをして、持ち続けることる賢明さが吉と言われています。

緩やかだけど確実に、経済の姿は変わっていくはずです。

今日は簡単な説明でしたが、次は、

「なぜビットコインに、価値を見出せるのか?」

というテーマの予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です