Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アップデート

Art is gone?

外国の方は、日本語や漢字が大好きで、

ある外国人に「Bakufu!」知ってるよ!と、ドヤ顔で言われました。

最初は、よくわからなかったけれど「幕府」と言っているのだなとやっと理解。

どうやら、

【幕府】

の漢字の、カタチ、ディティールがカッコよくて気に入っているらしい。笑

漢字を書いてあげる一方、僕の頭の隅っこでは、

「ところで幕府ってなに? どういう意味?」ともし聞かれたら、答えることができないな

と、内心ヒヤヒヤしていました。

いい国つくろう鎌倉幕府が、1192年に始まったことは知っているけれど、

幕府とは一体なんなのか、その背景がわからない。

日本の義務教育って重要視されるのは、いつも決まった答えが明確にある科目。

僕は小学校のときは算数が好きだったけれど、

数学になり、難しくなってきたころについていけなくなった。

高校で出会った社会倫理という科目は目からウロコで、哲学という考え方があるんだな(というか、思想などの考え方が学問としてあるんだ)と、世界が広がった。

ただ、大学受験を目指している同級生には、それどころではない科目だったかもしれません。

「フィンランドの教育」

という、おもしろい動画があります。

 

画一的や、統一的、出る杭は打たれる

教育を受けている日本人からすると、

ヨーロッパのフィンランドの教育は、

座学が少なく、制限がない、個性や自由、ユニークさ

アート性が重要視される教育です。

日本において、子どもを私学・塾に通わせ、

偏差値でいい大学を目指す流れは主流でしたが、

彼等の価値観では、

Art is gone ?(美術を減らすの?)

と困惑の表情を浮かべているようです。

もちろん教育とは、正解のない課題なので、どちらが正しいもありませんが、

どうでも1192、都合の1192にならないように、

あらためて、

「あぁ、自分は偏った教育を受けてきたんだな・・・」と再認識させられました。

アートって言われると、

専門性のある手を差し伸べにくい印象になってしまいますが、

絵が好き、歌が好き、世界観が好き、など

好きなことは全て、私たちにとっての立派なアート性だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です