Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ゴルフ

ベスト更新と、ゴルフの解釈

週末に、軽井沢72コースでラウンドをしてきました。

結果はなんと85!!(out40 / in45)

それまでのベストグロスからなんと8打も更新をした。

自分でもかなりの驚きだった。

ドライバーの感覚、アイアンの感覚、アプローチの感覚、パターの感覚

それぞれが噛み合ったからこそ、頭ではロジカルに、身体では感覚として、
その “上手くいった要素” をちゃんと自分の細胞に刻みつけようと思う。

ゴルフのいいところは、もちろん無限にあるのだけど、その大きなひとつは独自の解釈ができるところ。

その解釈(自分なりのゴルフ哲学)をラウンド仲間と話し合えるところがある。

解釈として、わかりやすく映画の話で例えると。

まだ記憶に新しい、「君の名は」や「シンゴジラ」が流行ったのは、もちろん映像美や展開もあるが、
解釈が製作者の目線で決まりきっていないところだと思う。

「オチはこれになります!」ではなく、観ている人がその映画をどう解釈したか?

「私はこうだと思った」と、自分独自の意味合いを探りたくなる。
そして、自分なりの解釈をした後にもう一度映画を思い出すと、その映画は全く違う魅力を帯びる。

だからもう一度見たくなるし、自分なりの解釈を人に話したくなるし、相手の解釈を知りたくなる。

見方が変わる感動を共有したくて、誘いたくなる。その結果があの興行収入を生んだ。

ゴルフも同じ。自分なりの感覚を、試したくなる。

今の自分は、ゴルフをどう解釈するか。
今回のラウンドはどんな感覚で挑むか。

その感覚で挑んだ結果を知りたくなり、それを誰かに語りたくなる。

戦略、感覚、解釈が変わっていく感動を共有したくて、また誘いたくなる。

プレーするたびに、無限の魅力が溢れていく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です