Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お金

資本主義からのアップデート

自分で仕事をするようになってから、これからの世の中がどんな時代になっていくかに、興味・関心があります。

 

資本主義の終焉、経済を象徴する紙幣の独占など、コラムや文献、動画を見ていると、脳みそが異常に電気信号を発信する。

日中は仕事をして、夜に帰って今くらいの時間に文献をあさり始めると、興奮して眠れなくなる。

 

 

現在、ライフアップデートコンサルタントとして活動をしている。

クライアントにライフスタイルを次のステージにあげるためのきっかけになる提案・実践の環境を提供すること。

 

お会いした方とは1〜2時間は話していますが、

みなさん、「今のままでこれからの世の中、働き方、自分自身の未来はどうなるんだろう?」という “時代” への不安が共通してあるのではと強く感じます。

 

そのためには、現代の資本主義・民主主義について理解しておく必要がある。

 

 

さらに資本主義を理解するためには、現代の資本主義に至るまでの過程も知る必要があると思い、現在のIT革命までの文明について軽くアウトプットします。

 

もともと人間は3〜7万年前に、「認知革命」によって急速に発展してきました。認知革命の象徴は、言語の発達です。意思疎通の方法の登場。

では、その原因はなんだったのか、というと、有力説は遺伝子の突然変異らしいです。

 

脳内の配線が変わり、それまでにない全く新しい種類の言語を使ってコミュニケーションが可能になった。

 

 

この突然変異が、前回投稿した小説であるジェノサイドにも描かれていたので架空の物語ではないんだなという驚き。

 

例えば猿のような動物は「ライオンが来た!気をつけろ!」と言う信号のような言葉を発することができるらしいです。

 

これに対し、人間は「ライオンは私たちの守護霊だ」と言う特殊な(思い込みのような)言語を基に会話ができるようになりました。

 

この、思い込みを信じて会話をすることによって、モノそのものだけではなく、神話ができあがります。

 

その神話こそが、人類の協力体制を築き、著しい成長で、現在の国家や宗教、コミュニティーを形成し出来上がっています。

 

「人類の現在の成長基盤は、この空想上の思い込み=神話」

 

国も、宗教も、信号が赤だから止まれも、1万円札には1万円の価値があるも、すべて人間の成長の過程で信じ込まれた神話です。

 

まずはそこを理解することから始めていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です