Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アップデート

時間に対する考え方がこれから変わっていくと思う話

こんにちは!

いま少しの間、東京に帰ってます。

実家の目の前がゴルフ練習場なのですが、平日の昼間から30人待ち。

諦めて、木場公園という大きな公園に久しぶりに行ったら、やっぱ平日の昼間からたくさんの人がいました。

なんかそういった雰囲気から感じるのは、みんなのんびりですが、とても自分の好きな時間を楽しそうに過ごしているなということでした。

僕が物心ついてからこれまでの期間は、インターネットやSNSの登場で、いつでも買えたり、どこにいても連絡がとりあえたり。

空間や距離の概念が変わったと言われています。

コロナ禍で、在宅ワークが当たり前になりました。

仕事の生産性にそこまで変わりがないと気付いた人たちは、会社の出社・定時勤務やミーティング、人との必要以上に気を使う関係に、自分の貴重な人生の時間を安売りしてたんだなあって気づき始めていると思います。

だから、たぶんこれからは、インターネットの登場で距離・空間の考え方が変わったように、

時間に対する考え方や概念が徐々に変わってくると思います。

生きる上でこれからの最優先となる良いものとは、きっと、

「自分の好きなことに時間を使えること」

社会の共通認識における時間は、

1秒は

1…2..3…

と数えられる感覚ですが、

自分の好きなことに夢中になっている時間は、一瞬で過ぎ去ってしまう。

逆に、つまらない仕事をしているときは、1時間くらいかな?と思って時計を見たら20分くらいしか経っていない。なんてこともある。

時間って1秒、1分、1時間。1日は24時間と、決まっている共通な概念でもありますが、

個人にとっては、費やしていることに対して、伸び縮みする、相対的な概念なのかもしれません。

だから、

「自分の人生の時間を好きなことに使うこと」

は、きっとこれからはとても優先的に大事にされる要素思います。

コロナ禍が教えてくれることは、生活における時間への考え方が変化して、

ゴルフの練習に集中する時間、

公園で楽しく過ごす時間など、

できることが限られた中で、好きなことをあらためて振り返る。

そして、自分の人生の時間を、我慢ばかりするのではなくて、好きなことに費やしていいのだよ。と教えてくれるチャンスかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です