Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アップデート

15打席 1安打 <打率 0割6分6厘>

「天狼院メディアグランプリ」なるものに初めて掲載された。

それがなにかというと、ライティングゼミナールという名の

インプット1割

アウトプット9割

の現実を突きつけられるゼミ講座。

(あれ? こんなの前にもやったような……

2000字以上の記事を毎週投稿して、合格すれば掲載。

不合格者は「また挑戦してね♡」という優しくて残酷なツンデレ講座。

実は、去年から挑戦をしていたのだが、結果はワンクール全敗(笑)

かつ、最後の方は、投稿すらしなかったのですが、

思い立ってと、あらためて全く同じ内容の講座を再受講。

そして今回、待ちに待った掲載!

15打席 1安打

打率 0割6分6厘

小さなことですが、それでも初めてのヒットから見ることのできるベース上の景色は嬉しい。

天狼院ライティングゼミナール超おすすめです。

”世界中の費用対効果の高いゼミナールのコンテスト”

があれば、まずメダル獲得は堅いであろうくらいおすすめです。

ライティングのノウハウ・テクニックだけではなく、

文章を ”コンテンツ” にしていくにあたっての、姿勢、心構えを教えてくれます。

最近感じるのだが、書くことは凄い!!

記事を書くと、ネタが尽きると思われるかもしれないけれど、実は真逆なのです。

人間はこれまでに見たこと、感じたことのストックが、

想像を超えるほど脳内に蓄積され、眠っています。

書けば書くほど、身体の奥底に眠っている経験・体験をゴソっとすくい上げるように呼び起こされて目覚める。

過去の点としての出来事が線で結ばれて、面になっていく感覚。

面が大きくなればなるほど、世界の事象がどんどんと自分事に結びついていきます。

文章とは、頭の中のゴチャゴチャ言語を、文字にする翻訳活動。

出来事としての事象に遭遇して、それを感じた心象が交わったところに、文章は生まれます。

世界で起きる事象、身の回りで起きる事象を、自分事として捉えることができれば、選択ができる。

自分で選択をしている感覚は、それは本質的な自由だと思います。

“自らを由(よし)とすること”

書くことは、この世界で自由になれることなのでした。

《終わり》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「貯金に悩まなくなるための方法」の記事(約3150字)を書きました。

>>> http://tenro-in.com/mediagp/99979

『没頭するにはどうすればいいか』

そこを解決することが僕のこれからもやるべき仕事であり、自己の表現であると思っています。

誰かが言ってた、

「キャリアは はしご型 から、ジャングルジム型へ」

次々と新しいことに挑戦して、ジャングルジムのように自由に動き回ることも

LIFE SHIFTのこれからの時代に、重要視されるキャリアの築き方です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です