Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ゴルフ

女子プロツアー観戦記@イーグルポイント

土日で初めて女子のプロゴルフの試合を観戦に。

今年ゴルフにハマり、楽しくて、空いた時間をつくっては没頭。

プロのツアーにもいつか行ってみたいなと思っていた矢先、知り合いと、予選2日目と決勝戦を見に行ってきました。

いつもYouTubeで見ているプロを生で見られることに意気揚々でしたが、実際目にすると、頭を殴られたような驚きでした。

まず、オーラがスゴい。このオーラってなんなのでしょう?

見た目から、プロであるべくしてプロなのだな、と間近に目で見て感じました。

例えば、初めての海外の地に行くと、目で見て、鼻で匂いを嗅いで、耳で音を聞いて、「海外に来たのかー。自分は日本じゃない地にいるのだな」と五感で気付くように、

ハマっているからこそなのかもしれませんが、身近で見ると、五感の全てが、全然違う!と訴えてきました。

「これが、ゴルフなのか」と同時に、僕はたぶん、ゴルフっぽいことをやっていたんだな、と痛感しました。

一流に身近に触れてみることは大切です。

ただ、試合を見ていて思ったのは、そんな一流のプレイヤーでも、打った後のボールをコントロールはできない。

だから、打つ瞬間までにいかにベストを尽くすか。

プロであろうがそうでなかろうが、打った後にできることは、見届けることと、祈ることぐらい。

打つ瞬間までの(自分でコントロールできる範囲でベストを尽くす)姿勢がプロの在り方であるからこそ、一流と言われるし、結果も収入も名声も人脈もそこに見合ったものが付いてくる。

結果は、それまでの姿勢があってるか、より正した方が教えてくれるだけ。

うまくいけばそのまま進めばいいし、うまくいかなかったら姿勢を正して再挑戦すればいい。

思ったところに飛ばなくても、次の打つチャンス。

そのホールがうまくいかなくても、次のホール。

次のホールがうまくいかなくても、次のラウンド。

都度、姿勢を正して再チャレンジできる連続。

一流に触れることを、自分の姿勢を正す、いいきっかけに。

*******

  

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  

「日常の小さな気づきから、有益な情報まで。発信する在り方で、読む人も自分自身もアップデートしていくライフスタイルを^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です