Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

旅で想像力を育もう

書いた後に読み返すと、夜に書いたラブレター的、自己陶酔文章に感じるが、

旅をして思うことは、日本は豊かで選択肢の多い国だなということ。

無数の選択肢は、ときになにをすればいいかわからなくなることもあるが、

自分にとっての有意義な選択をするために、とても大切なことのひとつは想像力。

では、想像力はどう育めがいいかというと、ひとつはやっぱり旅することだと思う。

自分にとっての日常から出て、非日常を体感してみること。

最近、Twitterでは

#10年間を振り返る

という流行っているのだけれど、メルカリの創業者である山田進太郎は、起業する前に34歳のときに仕事を1年休んで世界一周の旅をしている。

その後、35歳でメルカリをリリースした。

旅は人の想像力を一気に拡げてくれる。

だから、観光としての旅行ではなく、旅に出る。

あてのないひとり旅でもいいし、海外に住むのも大きな想像力を養えるでしょう。

それは、旅には孤独がついてまわるから。

孤独さと仲良くなると、自分自身を知れる。

誰もいない場所にひとりでいることは、孤独なのですが、本当に怖いのはきっとむしろその逆で、

たくさんの人がいる中で「じぶんはひとり」だと感じてしまうこと。

言葉に表すなら孤立でしょうか。

いくつになっても、ひとりに慣れていても、人とのつながりなしに生きることは無理なこと。

旅に出たときの孤独さが、日常にある当たり前の、当たり前じゃなさ を教えてくれると思います。

固定したコミュニティの中で新しい自分になるのは結構な勇気がいること。

旅の恥はかき捨て。

そして旅には、しょせん旅人であるという気軽さもある。

今の日本国のパスポートがあればどこにでも行けるうちに、旅をしよう!

マカオ旅の帰る前日に行った、香港島からの100万ドルの夜景

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です