Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
アップデート

睡眠を見直す

最近は、誰もが注目をしている生産性をあげる習慣が「睡眠」である。

これは最も重要といっても過言ではない。

日本人の多くの方が5〜7時間の平均睡眠時間であると思うが、6時間以下の睡眠者は “酩酊状態” 酔っ払っているのと同じ研究結果もある。

毎日1時間睡眠時間を減らすと、週7時間、年間365時間の可処分時間を得ることはできるが、
その1時間を眠ることで、可処分時間以上の能率が得られると思った方が健全である。

また、時間だけでなく、質にこだわるためには10-3-2-1の法則がある。
10:カフェインは10時間前には控えるようにする(分解に時間がかかるため)

3:食事は3時間前には控える
2:仕事など緊張を要する作業は2時間前には控える
1:液晶スクリーンを見るのは1時間前を目処にやめる

理想の睡眠時間は、人によってまちまちだが、睡眠を習慣化・デザインすることが最も効率も上がるし、なにより自分自身にとってよい効果が生じる。僕は毎日8時間は寝ています。

【参考:世界の偉人達の睡眠時間】

アップル経営者ティム・クック:21:30〜04:30 7時間

アマゾン経営者ジェフ・ベゾス:22:00〜05:00 7時間

オバマ元大統領:01:00〜07:00 6時間

イーロン・マスク:01:00〜07:00 6時間

ちなみに、「睡眠時間が短いから成功する」「睡眠時間を削らないかぎり成功しない」ということはなく、起きている時間を最大限有効に使うことが成功への近道のようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です